ホワイトニング

    ホワイトニング

    「いつまでもキレイで、若々しく見られたい」
    「歯を白くしたいけれど、市販の歯磨き粉やホワイトニング用品でも効果がなかった」

    白く輝く美しい歯は、第一印象を大きく左右するとても大事な要素。最近では歯に対する意識の高まりもあり、老若男女問わずホワイトニングをご希望される患者様が増えてきたように思います。

    当院では、若い方というよりも、むしろご高齢の方がホワイトニングをされるケースが多いように感じます。

    高齢になると、どうしても歯のエナメル質が薄くなってしまうために歯が黄ばみやすくなります。歯が黄ばんでしまうとお口元が老けた印象になってしまうため、若々しい印象を保つためにもホワイトニングで歯を白くすることはとても有効です。

    ホワイトニングってめんどくさそう、、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、一度白くしてしまえば半年か1年に1回ぐらいのメンテナンスで充分キレイになりますので、ご興味のある方は是非お気軽いお声がけいただければと思います。

     

    ホワイトニングとクリーニングの違い

    ホワイトニング

    よく、市販の歯磨き粉などに「ホワイトニング用歯磨き粉」などと書かれて書かれているものがありますが、実は、歯科医院で行う「ホワイトニング」と市販品に表記されている「ホワイトニング」はまったく意味の異なるものです。

    市販品に表記されている「ホワイトニング」は、歯の表面についている着色を落として歯を白くする、いわばクリーニングに近い意味で書かれているものがほとんどですが、歯科医院で行う「ホワイトニング」は、薬剤を用いて、歯そのものの色を白く漂白する「ホワイトニング」です。

    タバコのヤニなど、歯の表面についた汚れであればクリーニングで落とすことができますので、市販のものでも歯を白くすることができますが、加齢による黄ばみや歯の内部の着色などの場合は市販のものでは白くすることができません。

    ホワイトニングに使われる薬剤は、日本では、薬事法の関係で歯科医院でしか行うことができませんので、市販のものを使っても効果がなかった、という方は、一度、歯科医院でのホワイトニングを試してみていただければと思います。

     

    当院のホワイトニングメニュー

    オフィスホワイトニング

    ホワイトニング

    歯科医院にて、歯科衛生士が行います。過酸化水素という薬剤を歯の表面に塗り、光を当てて漂白していきます。

    1回の通院で歯を白くすることができますので、短期間で歯を白くしたいという方にはおススメの方法です。

    ただし、短期間で白くなる分、後戻りしやすいというデメリットがあります。

     

    ホームホワイトニング

    ホワイトニング

    歯科医院にて専用のマウスピースを作成し、夜寝るときに、マウスピースの中に薬剤を入れて装着します。

    オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使って、じっくりと時間をかけて白くしていきます。

    オフィスホワイトニングのような即効性はありませんが、自分のペースでご希望の白さに近づけて行くことができ、また後戻りしにくいのが特徴です。

     

    デュアルホワイトニング

    オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。

    オフィスホワイトニングの即効性と、ホームホワイトニング持続性を兼ね備えた方法であるため、最も高いホワイトニング効果を期待できます。

    医院でのホワイトニング施術後はご自宅で定期的にホームホワイトニングを行うことで、白さを維持することができます。

     

PAGE TOP

オンライン診療「クリニクス」 感染対策