充実の医療設備

    マイクロスコープ

    医療設備

    マイクロスコープとは脳外科や眼科、耳鼻科などといった医科の分野では30年以上前から使用されている手術用の顕微鏡です。

    マイクロスコープを使用することで、肉眼の21.3倍の拡大視野で治療を行うことができるため、虫歯の部分とそうでない部分をしっかりと見て確認しながら、削り残すことなくかつ最小限の虫歯部分だけを削り取ることもできます。

    また、つめものや被せ物を入れた際も、マイクロスコープで補綴物がしっかりと歯にフィットしているかどうか、段差や隙間がないかどうかを厳しくチェックすることで、せっかく治療した歯が再び虫歯や歯周病になってしまう確率を減らすことができます。

    当院では保険治療、自費診療にかかわらず、必要であればマイクロスコープを使用して治療を行っております。

    ⇒マイクロスコープ精密治療へ

     

    歯科用CT

    医療設備

    CT撮影を行うことで、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な情報を把握することが可能です。

    特にインプラントや親知らずの抜歯などの場合は、あごの骨の状態を詳しく調べることがとても重要。顎の骨の形や硬さ、神経の位置関係までしっかりと検査したうえで治療に入らなければなりません。 また、親知らずの抜歯や矯正治療、歯の根の治療、歯周病治療などでも骨の状態を正確に判断する必要がある際には従来のレントゲンによる情報では不十分な場合が多々あります。

    そこで、歯科用CTを用いて顎の骨を、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影することで、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができ、より適切な診断・治療が可能になります。

    CTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでの撮影が必要なため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合がありますが、当院はCTを完備していておりますので、撮影や診断が速やかに行えるだけでなく、他病院への紹介状料や撮影依頼料が不要な分、患者様の負担費用も抑えることができます。

    より安全に治療ができることはもちろん、患者様と一緒に立体画像で状態を確認できますので、安心・納得のうえ治療を進めることができます。

     

    セレック

    医療設備

    セレックは医療先進国ドイツで開発されたCAD/CAMシステムによるセラミック治療です。

    歯を削った後、3Dカメラで口腔内を撮影し、コンピューターの3D画面上で修復物を設計しますので、歯形をとる必要もなく、審美性の高い仕上がりが可能です。

    治療は短期間

    最先端の技術を使って、ご自身の歯の形に限りなく近いつめものや被せ物をその場で設計・加工することができます。
    今まででは1週間から10日程かかっていた技工物が最短でその日の間に完成します。(注、材質や形によりかかる日数は変わってきます。)

    型取りが不要

    従来の粘度のような材料は使用しないため、嘔吐反射の強い方や口が開けにくい方であっても、不快感なく型取りを行うことができます。
    要する時間は上下顎すべて合わせても数分。小さなペン型スキャナーをお口に入れ、レーザー光を当てるだけで型取りが終了しますので長時間お口を開けている必要もありません。

    リーズナブルな価格

    従来のセラミック治療では歯科技工士の手によって修復物の作製が行われるため、治療費にその人件費が上乗せされていました。
    しかしセレックによる治療の場合、修復物の完成までを院内のコンピュータで行うことで人件費がかからず、通常は高価なセラミック治療をリーズナブルな価格でご提供することができます。

     

    ピエゾサージェリー

    医療設備

    ピエゾサージェリーは、神経や血管などの軟組織を傷つけることなく、骨だけを切削することができる手術器具です。

    最小限の骨を安全に削ることができるため、施術にかかる時間も短縮されるほか、患者様の肉体的・精神的な負担も軽減することが可能です。

    ピエゾサージェリーのメリット

    • 超音波の力で骨を削るため、痛みや不快感が少なく、迅速かつ効果的に手術を行うことができる。
    • 薄い骨でも破損することなく、高い精度での治療が可能である。
    • 血管・神経・粘膜など軟組織を傷つけにくい。
    • 短時間で処理ができるため、火傷・熱傷のリスクが抑えられ、良好な術後経過が得られる。

     

    歯科用レーザー

    医療設備

    医療分野でのレーザーといえば、手術に使うレーザーメスがよく知られていますが、レーザーには、切開の他に『鎮痛』、『殺菌』、『消毒』、『止血』、『消炎』など、実に多くの利点があることがわかっています。

    医療分野におけるレーザーの活用は人体に対して安全であることは手術で使われていることからも実証されていますが、加えて麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるので、妊娠中の方やアレルギー体質の方にも安心して治療ができるというメリットもあるのです。

    歯科医療で使われるレーザーには、大きく3つの種類(半導体レーザー・炭酸ガス(CO2)レーザー・YAGレーザー)があり、それぞれ特徴や用途が異なります。

    当院では、上記のうち、炭酸ガス(CO2)レーザー・YAGレーザーを完備しており、それぞれの症状に応じて使用しております。

    歯科用レーザーの活用

    歯周病の治療

    放置しておくと歯が抜けてしまう歯周病には、歯肉の切開や歯肉のポケットヘの殺菌・消炎をレーザーで行います。痛みや出血も少なく、レーザーでの治療は回復期間も短くなるのが特徴です。

    色素沈着の除去

    歯ぐきに黒ずんだ色素が沈着してしまう色素沈着。歯肉等の表面にレーザーを数回にわたって照射すると、痛みも少なく麻酔なしに黒ずんだ色素を取り去ることができます。

    切開手術

    レーザーでの切開は、痛みや出血が少なく殺菌・消毒・消炎効果により術後の回復も早く、抗生物質や鏡痛剤の使用も抑えることができます。

    口内炎の治療

    痛みを伴なう口内炎もレーザー照射で鎮痛、消炎効果が得られます。痛みが少なく、治りも早いので、お子様にもやさしい治療方法です。

    知覚過敏症の治療

    冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏症も、レーザー照射で封鎖して簡単に治療することができます。

     

    ダイアグノデント

    医療設備

    ダイアグノデントは、歯に特殊なレーザーを照射することで虫歯の有無や進行度を測定することができる「虫歯検出装置」です。

    従来の日本では、虫歯かどうかを測定するための検査として、先のとがった針のようなもの(「短針」と言います)を用いて判定を行ってきましたが、近年ではこの短針による検査は、虫歯の進行を促進したり、再石灰化を妨害してしまう危険性があるとして問題視されるようになりました。

    ダイアグノデントを使用することで歯を傷つける事無く、またはの再石灰化を邪魔することなく検診が可能になるほか、今まで見落としがちだった隠れた虫歯も発見できるため、より正確な診断が可能になります。

    歯を削る必要のない初期の虫歯の場合にも、その進行・回復の度合いを数値で管理することができるため、リスクを考慮しながらの予防ケアを行うことができます。

     

    生体モニター

    医療設備

    生体監視モニターは、治療中の患者様の血圧データを持続的に測定し、急な体調変化などをすぐに判断することが出来ます。 患者様の容態を常に確認する事は非常に重要です。

     

    口腔外バキューム

    医療設備

    歯を削ったり、入れ歯を削ったりするときには、目には見えない、非常に細かな粉塵が飛び散ってしまいます。 この粉塵には、歯の削りかすや金属片、血液や細菌など、目には見えない有害な物質を含んている場合があり、そのまま体内に取り込まれてしまうと悪影響を及ぼしてしまいます。

    当院では、その粉塵をそのまま患者様が吸い込んでしまうことがないよう、口腔外バキュームを導入しております。

    この装置によって削った時に出る粉塵をその場で素早く吸引し、院内に飛び散ったり、患者様の身体に取り込まれてしまうことを防ぎます。

     

PAGE TOP

オンライン診療「クリニクス」 感染対策