予防歯科

    予防歯科

    一生涯、虫歯や歯周病のないキレイな口腔内を維持し、いつまでも笑顔で美味しく食事を楽しむためには、何よりも日々のお手入れ・予防ケアが大切です。毎日のケアでしっかりと汚れを取りきることができたら、歯科医院に通う回数もぐんッと減らすことができるのです。

    とはいえ、ご自身で完璧なブラッシングを行うことはなかなか容易な事ではありません。

    当院では、メインテナンスのプロフェッショナルが、専用の機械を使って隅々までお掃除することで、健康な歯やお口をキープするお手伝いをさせて頂いております。

     

     

    PMTC

    PMTC

    PMTCとは、プロフェッショナル・メディカル・ティース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と言って、専門家による機械的な歯面清掃のことです。

    毎日隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所や汚れの溜まりやすいところが出来てしまいます。

    そのような部分から虫歯や歯周病が進行してしまうのを防ぐために、専門の歯科衛生士が専用の器具を使って徹底的にお掃除します。

     

     

    PMTCの効果

    PMTCの提唱者である、スウェーデンイエテボリ大学のアクセルソン博士の研究では、PMTCを受けたグループは、受けなかったグループに比べて虫歯の発生率が、4年間でわずか6%に抑えられたという診療結果も発表されています。

    虫歯や歯周病でお口の中に痛みが出る前に、お口の健康を保つために歯科医院に通う習慣をつけていただければと思っております。

     

    このような効果が見られます。
    • 歯肉の腫れがおさまり、歯肉が引き締まってきます。
    • 歯の表面の汚れを取り研磨をします。また、歯の表面へのカルシウム補給を助け、汚れをつきにくくします。
    • 歯ブラシでは落とすことのできないバイオフィルム(細菌がスクラムを組んで塊になったもの)を破壊し、虫歯や歯周病を予防します。
    • 歯肉の境目の歯垢を除去し、歯周炎の予防や改善をします。
    • 最後にフッ素を塗布して、歯を強くします。
    • 茶シブ、タバコのヤニを取り、光沢のある歯を取り戻します。

     

     

    PMTCの手順

    PMTC

    1、現在、歯にどのぐらいの磨き残しがあるのか、染め出し液を使って、ご自身では磨きにくい部分をチェックしていきます。

     

    PMTC

    2、フッ素入りの研磨ペーストを注入していきます。

     

    PMTC

    3、専門の機械を使って、まず虫歯になりやすい「歯と歯の間」を丁寧にお掃除していきます。

     

    PMTC

    4、次に、歯茎の溝や歯面、その他の部分の汚れを徹底的に取り除いていきます。

     

    PMTC

    5、歯の汚れを完全にキレイにして、歯がピカピカになったところで、仕上げにフッ素によるコーティングを行います。

     

    フッ素

    予防歯科

    フッ素とはミネラルの一種であり、自然界に多く存在する成分で、歯や骨にとって欠かすことのできない必須栄養素です。

    フッ素には、歯の再石灰化を促進したり、歯質を強化したり、虫歯の原因となる酸の生成を抑制したりする効果があります。

    歯質が弱くて虫歯になりやすい乳歯や、生えたての永久歯を強くし、虫歯になりにくい環境をつくることが期待できます。

     

     

    シーラント

    予防歯科

    シーラントとは、汚れが溜まりやすく虫歯になりやすい奥歯の溝の部分に、フッ素を配合した白いプラスチックを埋めることで、溝に汚れが溜まるのを防ぎ、虫歯を予防する方法です。

    特に、6才臼歯(前から6番目の奥歯)は溝も深く、もっとも虫歯になりやすい歯ですので、この歯が生えてきたらシーラントによる虫歯予防処置を検討してみましょう。

    注射をしたり、歯を削ることもありませんので、お子様への負担も少なく処置ができます。

     

     

    ブラッシング指導

    予防歯科

    当院のベテラン衛生士が、優しく、一緒に楽しみながら歯の磨き方の指導をします。

    子供の時期にしっかりとしたブラッシング方法をマスターすることで、大人になっても虫歯予防の習慣が作れます。

    定期的に来院していただき、他の処置と合わせて行うことで、信頼関係も築きながら効果的に虫歯の予防をすることが可能です。

     

     

PAGE TOP

オンライン診療「クリニクス」 感染対策