小児歯科

    小さなお子様とも、本気で向き合います。

    小児歯科

    子供が虫歯になってしまったが、暴れてしまって治療ができない
    初めての歯科医院、子供が泣いて迷惑をかけないかないか心配

    大人だって、できればあまり行きたくない歯科医院…。それはお子様だって同じこと。
    ましてや、一度歯科医院で嫌な思いをしてしまったお子様であれば、トラウマになってしまって「行きたくない!」とダダをこねるのも、ある意味当たり前のことです。

    当院でも、はじめて来院されるお子さまは、たいてい皆さん怖がって不安そうにされていますが、通っているうちにだんだんと慣れてきて、笑顔で診療台に座ってくれるようになるお子さまがほとんどです。

    当院では、先生もスタッフも、お子様だからといって区別せず、真摯に向き合って治療をさせて頂いております。

    だましだまし歯医者に連れていくのではなく、お子様が自分の意志でしっかり歯医者に通えるようにしたい!とお考えでしたら、是非一度当院にご相談にいらしてみてください。

    時には泣いてしまうこともあるかもしれませんが、恐怖心を植え付けるのではなく、お子様の自主性を尊重して自分から歯医者さんに来れるようにスタッフ一同全力でサポートさせていただいております。

     

     

    お子様が楽しく歯医者に通えるように

    歯科医院に楽しく通ってもらえるようにするために、当院ではさまざまな工夫をしております。

     

     

    育児経験豊富なスタッフたち

    ご褒美

    当院には、子育て経験豊富なスタッフたちが多数在籍しております。

    お子様の価値観、意欲を尊重しながら、自主的に歯科医院に通えるようにサポートさせていただきます。
    「泣いたりしたら迷惑かしら?」と思わずに、是非お気軽にご来院ください。

     

     

    がんばったお子様にはご褒美を

    ご褒美

    頑張って治療を終えたお子様には、治療後にご褒美のプレゼントをしています。
    ささやかなプレゼントですが、これが楽しみで通われているお子様も結構多いんです。

     

     

    当院で行う小児歯科治療

    無痛治療にこだわります

    無痛治療

    痛いのが嫌なのは、大人も子供も一緒。特に子供の時のつらい体験は、その後もトラウマとなって残ってしまい、歯科医院に通う事すらできなくなってしまう方もいます。

    当院では、お子様に歯科医院が怖い所、痛い所という認識を与えないためにも、治療の際はできる限りの無痛治療を心がけています。

    痛くない麻酔の配慮はもちろんのこと、どうしても怖くて治療が出来ないというお子様のために、レーザーや笑気麻酔を使用した治療も行っております。

    症状や治療内容、お子様の状態によって適切な方法をアドバイスさせていただきますので、まずはご相談だけでもいらしてください。

    →無痛治療について、詳しくはこちら

     

     

    お子様を虫歯にさせないために

    ブラッシング指導

    生え変わったばかりの歯は、とても柔らかく虫歯になりやすい状態。さらに、生え変わりの時期は歯の高さが不揃いで凸凹しているため、歯磨きもとてもしにくくなります。

    ですが、この時期に正しい歯ブラシの仕方と毎日の歯磨き・メンテナンスの習慣をしっかりと身につけることで、その後のデンタルケアもとても楽になりますので定期的に歯科医院に来院してメンテナンスを受けることをおススメいたします。

    当院では、お子様へのブラッシング指導やフッ素塗布などはもちろん、矯正医による咬合育成なども行っておりますので、顎やお顔はもちろん、身体の健全な発育のサポートをさせて頂くことも可能です。

     

     

    ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    お子様ご自身の力で上手に歯が磨けるよう、正しい磨き方などを指導します。

    まず最初に、染め出し液を使って歯についている汚れに色を付け、どの部分が磨けていないのかをお母様と一緒に確認をします。

    次に、お子様に歯ブラシを持ってもらい、歯ブラシの当て方、動かし方などをスタッフと一緒に練習します。

    お子様が小さいときは、どうしてもお母様の仕上げ磨きが必要ですので、お子様への歯磨き指導が終わったら、お母様にも仕上げ磨きの指導をさせて頂きます。

    ご希望により、最後にメンテナンスの仕上げとして、歯ブラシでは取り切れなかった汚れを衛生士が専用の機械を使用してクリーニングし(PMTC)、歯をピカピカに磨いて虫歯になりにくくする処置をすることもできますので、お気軽にお申し付けください。

     

     

    シーラント

    シーラント

    シーラントとは、お子様の歯の中でも最も虫歯になりやすい奥歯の歯の溝の部分にプラスチックを埋め込むことで汚れが溜まることを防ぎ、虫歯を予防する処置です。

    特に生え変わったばかりの歯は形も複雑で磨きにくく、かつ歯質も柔らかいために非常に虫歯になりやすい状態にあります。 シーラントは虫歯効果も高く、かつ保険が適用されるため、永久歯が生えてきたらおススメしたい処置の一つです。

    虫歯になってしまってからでは処置ができませんので、なるべく早めに対策をされることをおススメいたします。

     

     

    フッ素塗布

    フッ素塗布

    フッ素とはミネラルの一種であり、自然界に多く存在する成分で、歯や骨にとって欠かすことのできない必須栄養素です。

    フッ素には、歯の再石灰化を促進したり、歯質を強化したり、虫歯の原因となる酸の生成を抑制したりする効果があります。

    最近では、フッ素入りの歯磨き粉や洗口液なども市販されておりますが、家庭用として販売されている商品は濃度が低く、歯の再石灰化には有効ですが、歯質強化には作用しません。

    乳歯は生えたての歯は歯質が弱いために虫歯になりやすい傾向がありますので、歯科医院にて定期的に歯質強化の効果が見込まれる高濃度フッ素を塗布してあげることが有効です。

     

     

    癖や習慣の改善で健全な発育を

    まるかじり

    お子様の歯の問題として、最近とても増えているのが、顎の発育不足や不正咬合といった問題です。

    近年、インスタント食品や加工食品など、柔らかくて食べやすい食品が増えたことにより、食べものをまるかじりしたり、食いちぎったりする機会が減ってきました。

    その結果、お口周りの筋肉がしっかりと活用されず、顎の発育が不十分のまま永久歯が生え、不正咬合となってしまうケースが増えているのです。

    改善方法としては、矯正治療を行って顎を広げる治療を行う方法も一つですが、お口周りの筋肉を鍛え、本来の顎の成長軌道に乗せてあげることで歯並びの改善も図る方法もあります。(口腔周囲筋肉トレーニング(MFT))

    症状によって、どちらも方法が適切か、もしくは2つを併用すべきかが異なってきますので、お子様の歯の異常でお悩みの方は、まずは一度ご相談にいらしてください。当院では、矯正歯科学会の認定の矯正専門医が対応をさせて頂いております。

    →矯正歯科のページへ

     

     

PAGE TOP

オンライン診療「クリニクス」 感染対策