徹底した滅菌対策

    滅菌対策

    歯科医院に限らず、医療機関は衛生的でなければなりません。

    医療機関にはたくさんの患者様が訪れる場所。治療を行うドクターやスタッフに対して、徹底して衛生管理を教育する事が重要であり、それが正しく行われていないと、院内感染や医療事故につながってしまいます。

    当院では、院内感染のリスクを無くすため、下記のような取り組みを徹底しております。

     

    ハンドピースも患者様ごとに滅菌・交換

    無痛処置

    以前、新聞でも取り上げられて問題になった、歯科医院における「バンドピース(歯を削るドリル)の使いまわし」。 記事を読んで不安になった患者様も多いのではないでしょうか?

    ドリルの洗浄と滅菌には非常に多くの手間と費用が掛かるため、多くの歯科医院ではアルコール消毒で済ませてしまっているのが現状。ですが、ハンドピースには前の患者様の唾液や血液が残っている可能性も多く、アルコールだけでは決して万全の感染対策とは言えません。

    当院では、治療に使うハンドピースは患者様ごとに交換し、専用の機械で滅菌洗浄しております。

     

    オートクレーブ

    無痛処置

    当院では、ハンドピース以外にも治療に使われる器具はすべて患者様ごとに交換、滅菌しております。

    オートクレーブは130℃以上の高温高圧の環境下ですべての細菌・ウイルスを完全に死滅させることができる機械。歯科医院にはなくてはならない設備です。

    当院ではこのオートクレーブをフル稼働し、院内感染の防止を行っております。

     

    ガス滅菌

    無痛処置

    オートクレーブは庫内の温度が130℃になるので、ビニールやガラス、ゴム、プラスチックなど、器具の素材によっては使用ができません。そこでオートクレーブに入れられない器具は、ガス滅菌器を使って滅菌します。

    一日の診療を終えた後、使用した器具を庫内に入れておくと翌朝には滅菌が終わっているので、常に衛生的な器具を使って治療ができます。

     

    使い捨て出来るものは、なるべく使い捨て

    無痛処置

    当院では、グローブやエプロン、紙コップなど、使い捨てができるものはすべて使い捨て商品を利用するようにしております。

    特にグローブについては、患者様ごとの交換がされていない歯科医院も多くあるかと思いますが、当院ではグローブもすべて患者様ごとに交換しております。

    当院は、おかげさまで非常に多くの患者様にご来院頂けておりますので、その分、廃棄されるの量は非常に多くなってしまい、もったいないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、安全な治療をご提供するためには必要なことと考えております。

     

PAGE TOP