口腔ケアの重要性

   

こんにちは

前回は野菜など栄養価の高いものを摂取することで免疫力の向上につながると話しましたが、

今回は予防歯科による口腔機能の管理も免疫抑制の効果が得られる話をします。

お口は、細菌やウィルスが感染する上での侵入ルート、いわば入り口にあたります。

しかし、口腔内には粘膜免疫といって、しっかりと防護機能を持ち合わせており、そう簡単には他者の侵入を許しません。

例えば、口腔内に侵入してきたウィルスを粘膜が察知すると、近くのリンパ球にこれに対抗するための抗体を生産させ唾液中に分泌させることで、ウィルスを消滅させます。

そのようにして、我々の体は健康な状態を保てるわけです。

しかし、口腔内の状態が悪いと、この防護機能が衰えてしまい、ウィルスへの抵抗力が弱まります。

すると、口腔内がかえってウィルス増殖の場となり、負の連鎖が生み出されてしまうのです。

したがって、その刻腔内の防護機能を活性させるためにも口腔ケアは非常に大切です。

そのためには、丁寧なブラッシングは非常に重要であり、感染対策の一つといっても過言ではありません。

当院では、そうした管理を指導し、日ごろからのホームケアを充実させるよう努めております。

こういう状況だからこそ、口腔ケアの管理を更に強めていく必要がありますので、

皆様もご気軽に健診、相談にいらして下さい。

 

 



医療法人社団 志由会 マイ歯科医院:https://mai-dental.com/

電話:047-459-3444
住所:〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田758-1
最寄り駅:八千代緑が丘駅 徒歩10分

オンライン診療「クリニクス」 感染対策